長崎県薬剤師会  アンチ・ドーピング活動について

※ 長崎県薬剤師会のアンチ・ドーピング活動内容についてはこちらをご覧ください。


MENU:

OTC薬を販売されている方へ

競技者及び関係者からのアンチ・ドーピングに関する相談への対応にご協力ください。

 国体は、毎年、開催されます。近くにお住いの方が、代表選手に選ばれるかもしれません。
 また、ドーピング検査は、国体だけでなく、いろいろな競技会で実施されます。
 そのような競技者が、突然の体調不良により、来店・来局するかもしれません。
 その際に、競技者が心配しているのは、その薬を服用又は使用することで、ドーピング違反とならないかということです。
 「ドーピング検査を受けるかもしれない」または「国体に出るんだけど、この薬は大丈夫」等の質問を受けた場合、薬の専門家として、適切な対応をお願いします。
 (特に、国体が近づく8月末から9月、10月は、競技者と思われる方が来店された場合、「国体に出場されているのですか」など確認をお願いします。)

 かぜ薬や胃薬でも、ドーピング違反となる可能性があります。
 競技者は、体内に入る物(塗り薬も含みます)すべてに、注意しないといけません。
 健康食品やサプリメントは、安易に勧めないでください(これらでも、ドーピング防止規定違反事例が多数報告されています)。

 競技者がドーピング違反に問われますと、競技会の成績が失効されるだけでなく、初回で4年間の資格停止(試合に出られなくなりますし、練習も制限されます)と厳しい制裁を受けます。

 対応に少しでも不安がある場合、薬剤師会アンチ・ドーピング ホットライン等にご相談ください。
 (「アンチ・ドーピングに関する相談体制」のページをご覧ください。)

  

 長崎県薬剤師会では、長崎県下で、一般用医薬品(OTC薬)の販売をされている店舗の方向けに、アンチ・ドーピングの問合せを受けた際の対応についての相談にも応じていますので、お気軽にご連絡ください。

  <参考>
 一般用医薬品の使用可能薬は、 下記で調べることができます。

薬剤師のためのアンチ・ドーピング ガイドブック2022年版注意:毎年更新されています。最新版は、例年、6月~7月に日本薬剤師会websiteで公表されます。)
  日本薬剤師会が日本スポーツ協会及び開催県薬剤師会と共同で、国体先催県の薬剤師会の協力の下、作成しています。
  PDFデータで、全文をご覧いただけます。

・ 薬効別に探したい場合は、 目次(PDFデータで7ページ)をみてください。
 ページ中ほどの「6.使用可能薬リスト2022年版/要指導医薬品・一般用医薬品:OTC DRUGS etc」があり、 その下に、薬効名が書いてありますので、該当頁を捜してください。
 本文p30(PDFデータで 38ページ)から、 薬効別に、一般用医薬品の使用可能薬が掲載されています。

・ 医薬品名が分かっている場合は、本文p77 (PDFデータで85ページ)に索引があり、 医薬品名で検索してください(成分名、販売名、どちらでも検索ができます)。

・ 使用可能薬を調べる上での注意点
 「ガイドブックに使用可能として記載されている医薬品名は、販売しようとする医薬品名と完全に一致することを確かめてください。」
 ほとんど同じ名前でも、接頭語として「新」がついたり、接尾語として「錠」や「会社名」、アルファベットがついているだけで、 成分の組成が異なることもあります。
 例えば、 「ストナアイビー」は禁止物質は含まれていませんが、 「ストナアイビー顆粒」や「ストナアイビージェル」には、禁止物質である「メチルエフェドリン」を含有しているため、 競技会時には禁止されます。
 ※ 競技会の時だけ禁止される医薬品ですが、購入者がいつ服用するかはわかりませんので、原則、販売しないようにお願いします。


Global DRO JAPAN
 アメリカ、イギリス、カナダ、日本、スイス、オーストリア、ニュージーランドの7カ国の共同運用により運営されています。
 7カ国で使用されている医薬品について、成分名や商品名を入力し検索が可能であり、国際基準禁止表 に則り、競技会、競技会外で当該成分や商品が、禁止物質・禁止方法か否か、および投与経路について検索することができます。
 医療用医薬品、一般用医薬品は全てではありませんが、かなりの品目が掲載されています。
 検索結果については、スポーツドクターやスポーツファーマシスト、ドーピング防止ホットラインにご相談ください。
 本サイトの検索結果につきましては、JADAは、競技者が自らが確認した記録として使用するようにと勧めています。


   OTC薬を原因とするドーピング防止規定違反事例

 本邦におけるOTC薬を原因とするアンチ・ドーピング規則違反の事例は、平成19年以降も6件報告されています。
 いずれも違反物質は「メチルエフェドリン」です。
 2007年にかぜ薬による1件、2008年にかぜ薬と鼻炎薬による2件、2012年に咳止め薬による1件、 そして、2015年5月、2015年12月かぜ薬による1件報告されています。

 「メチルエフェドリン」は、2022年禁止表国際基準においても、競技会(時)禁止物質「S6.興奮薬」に該当します。

 2009年から3年間、本邦ではOTC薬による違反事例はなかったのですが、2012年8月に報告がありました。
 (公財)日本アンチ・ドーピング機構(以下、[JADA」という。)Website「日本ドーピング防止規律パネル決定報告」により公開された内容を抜粋しますと、
 「薬局で購入した市販薬につき、販売員に禁止物質の含有の有無を確認したところ「不明」であると回答された。 そのため自身で箱に記載された「dl-塩酸メチルエフェドリン」及び「塩酸メチルエフェドリン」というキーワードで検索したところ、該当しなかったので、 禁止物質であると気付かなかった」との記載がありました。
 医薬品販売におけるドーピング防止に関する情報提供の必要性が改めて指摘された事例でした。

 2014年5月に公開されたドーピング防止規律パネル決定報告は、かぜ薬の初期症状を緩和したいということで、 インターネットで購入したものによる違反事例でした。
 2014年6月12日から、医薬品に関する法律が改正され、一般用医薬品のインターネット販売が認められましたが、 情報提供の在り方を改めて問うものではないでしょうか。

 2015年11月、OTC薬のかぜ薬によるとされる違反事例が報告されました。
 2015年8月、競技者は、ドラッグストアの「薬品カウンセラー」に、ドーピングフリーのかぜ薬を選定してほしいと伝えたにも関わらず 当該薬を勧められ服薬したと報告書には記載されていました。
 当該薬はメチルエフェドリンを含有しており、競技会の8日前まで服用していたとのことです。
 競技者は外国籍で、日本語の理解に限界があるにも関わらず、過誤又は過失が全くなかったとは認められないとして、8カ月の資格停止とされました。

 さらに、OTC薬を原因とする本邦におけるドーピング違反事例で、国際競技連盟による報告事例もあります。
 ひげを生やしたいと使用した塗り薬(禁止物質:テストステロン)による違反事例です。
 塗り薬など、外用薬でも、当然、注意が必要です。

 

   

 

長崎県薬剤師会は、アンチ・ドーピング活動を推進しています。

 


back to HOME


Copyright(C),2014-2022, 一般社団法人 長崎県薬剤師会